4月 23, 2024 オンライン・グローサリー販売 グローサリー・デリバリー グローサリー・ピックアップ スペシャリティー・ストア スーパーマーケット 流通業 0

アマゾンは、同社のプライム会員および、EBT(食費補助)を受けている世帯に対して、グローサリー配達のサブスクリプション・サービスを始めると発表した。プライム会員に対しては、月会費$9.99、EBT利用者には月会費$4.99で、同社のホール・フーズ・マーケットとフレッシュ・ストア、そしてアマゾン・コムで販売している地域のグローサーやスペシャルティ・ストアから、$35以上の購入で配達が無制限に提供される。加えて、ピックアップの選択も可能となる。この月会費は1回の配達分の費用でその月に無制限の配達サービスが提供されることになる。最初の30日間はお試し期間となり無料で奉仕される。サービスには、最低購入価格なしで30分のピックアップ、1時間以内の配達(提供している店舗)、定期購入サービスのリカリング・リザベーションへの優先アクセスも含まれる。

このサービスは、オハイオ州コロンバス、コロラド州デンバー、カリフォルニア州サクラメントで、2023年終わりからテストされており、利用顧客の85%以上が満足だと評価している。彼らのお試し期間以降の継続利用の理由は、配達費の節約、グローサリー買物の簡素化などで、顧客の1人は、特にホール・フーズ・マーケットの、青果や食肉の選び方、在庫切れ商品の代替え商品提案のサービスを褒めており、これが配達サービスを選んだ1番の理由だとコメントしている。

これまで毎回配達費がかかっていたグローサリー配達が、毎月の定額となり、頻繁に利用する顧客には利用価値が高くなる。特に富裕層の顧客が多いホール・フーズ・マーケットの顧客にはアピールすると思われる。ホール・フーズ・マーケットに行くと、ほとんどの店でアマゾンの返品のための長い列が見られ、利用客が重複していることが想像できる。以前は、ホール・フーズ・マーケットとアマゾンのシステムが完全に統合されておらず処理が難しかった様だが、昨年には統合が終わったとみられる。インスタカートなどへの影響が大きいと思われる。