6月 1, 2024 会員制倉庫型店 流通業 0

会員制倉庫型チェーンのコスコは、5月12日で終わった2024年度第3四半期の業績を発表した。

コスコ 2024年度第3四半期前年比増減
総売上$57,392+9.1%
会員費$1,123+7.6%
営業利益$2,197+30.9%
純利利益$1,681+29.1%
1株あたり利益$3.78+29.0%
単位:100万ドル(1株あたり除く)
事業地域2024年度第3四半期
US+6.2%
カナダ+7.7%
その他国際+7.7%
全社+6.6%
既存店売上状況 *ガソリン売価の変動と為替は除く

全体の既存店売上の客数は6.1%、客単価は0.5%それぞれ増加し全体では6.6%増加、国内では、客数が5.5%、客単価が0.7%、それぞれ増加し、全体で6.2%増加となった。電子コマースは20.7%増加、会員の更新率は世界で90.5%,北米で93.0%だった。うちエグゼクティブ会員は7.8%増加して3,450万人(全体で7,450万人)となり、売上の73.1%を占めている。同期末の店舗数は国内591ヵ所、カナダ107ヵ所、他国際163ヵ所で、全体では861店舗チェーンとなる。今年度末までには、国内で10ヵ所、他国際で4ヵ所を加え890店舗にする計画である。

現況では、かなり好調な業績だと思われる。会員費値上げは未だ発表されていないが、今年度中には発表されそうである。値上げした時点での会員離れを心配してか、店舗の入り口で自動更新のキャンペーンを行なっている。