6月 3, 2024 ディスカウント・ストア 流通業 0

最近夏の始まりをテーマにした販促を行う小売業が多いが、ウォルマートも「ウォルマート+ウィーク」と名付けられたセールを、6月17日から23日にかけて開催すると発表した。この販促は、+会員を対象としたものとなり、エクソンとモービルのガソリン・スタンドで得られるガソリン販売の割引が倍増(ガロンあたり20セント)、旅行で使われる飛行機代、ホテル、レンタカーなどに対して、ウォルマート・キャッシュを20%還元、通常$10掛かる2時間以内の配達である「エクスプレス・デリバリー」を無料で提供。「ウォルマート+イン・ホーム」の配達のお試しを3ヵ月間無料奉仕、会員対象の特別セールアイテムを販売(後日詳細発表)。また6月20日はミステリー・オファーとなる初めてのイベントも行う。詳細は発表されていないが、待つだけの甲斐があるものとなると述べている。

このセールは、筆者の記録では2022年から始められている。2022年は6月2日2023年は7月11日から行われた。一方、アマゾンのプライム・デー(2022年7月12-13日、2023年7月11-12日)、今年は準備中との事で日付は発表されていないが、7月に開催される様である。ウォルマートのセールは、2023年は1日遅れで会員以外にも提供されたが、今年はまた会員だけのセールとなる。アマゾンより先に行うことで、富裕層が多いといわれている+会員の財布のシェアを増やす目算なのだろう。消費があまり伸びていない昨今、今後も特別セールは増えると思われる。