6月 17, 2024 Uncategorized 0

グーグルの親会社であるアルファベット社の子会社である、自動運転タクシーのウェイモ・ワンがロサンゼルス地区に進出した。既に、サンフランシスコ、フィニックスのメトロ地区では運行しているが、届いたメールによるとロサンゼルス市内で昨日から運行しているそうである。因みにロサンゼルス空港からダウンタウンまでのリクエストを入れてみたら、9分以内にピックアップされ、$53.08の料金だった。ウーバーやリフトと同程度で、チップがいらないから多少安上がりになるかもしれない。実際利用していないので、ピックアップの場所などで混乱がありそうだが、機会があれば利用してみたい。最近、大谷翔平選手の試合を観戦しに、日本から訪れる人達が多いが、ロサンゼルスのダウンタウンからドジャース球場までなら、それほど遠くなく利用可能である。

Screenshot

ウェイモの利用の仕方のビデオはこちら

最近、深夜のウーバーの利用などでドライバーの問題などが、時々ソーシャル・メディアで投稿されている。少々遅くても、自動運転車の方が安全だと思われる。