4月 28, 2019 流通業 0

今年の母の日は5月12日となるが、アメリカの成人の84%が祝うこの日の消費は、昨年の231億ドルから今年は250億ドルに増加すると全米小売業協会(NRF)が予測している。一人平均$196 となり、昨年の$180から10 %増加となる。35歳から44歳の消費者が一人平均$248と一番多く、男性は$237と女性の$158より多い。消費者の44%は、ユニークなプレゼントを求めており、39%が特別な思い出を探している。81%はプレゼントのインスピレーションを小売業で探す。消費項目とその額の予測は次の表の通り:

この調査はプロスパー・インサイツ&アナリティックスによって、4月1日から11日の間に、18歳以上のアメリカ人7321人を対象に行われた。