1月 28, 2020 オンライン・リーテイラー コンビニエンス・ストア スーパーマーケット 流通業 0

キャッシャーレス店舗であるアマゾン・ゴーは、改装中、近日開店も含み26ヵ所の店舗網に成長している。改装中であるサンフランシスコ、カリフォルニア通りの店舗は、まだ開店から16ヵ月しか経っていないが、新しく店のサインを2つ追加、また販売商品にホット・フード、フォウンテン・ソーダ、エスプレッソを加えると市に対する認可申請で述べている。顧客宛に送られた電子メールでは、新しいフレーバーと特徴が加えられ今春に開店されると説明されている。サンフランシスコ・クロニクル

また、シアトルのキャピタル・ヒル地域に建設中の店舗は10,400平方フィートの面積を持ち、これまでの店舗の4倍ほどの広さとなる。この店舗は、元々通常のスーパーマーケットとなる計画だったが、大型のアマゾン・ゴーになるとブルームバーグは報じている。ロサンゼルス郊外のウッドランド・ヒルズでも、アマゾンのスーパーマーケットが建設中で、近い将来開店される予定だが、この店舗はキャッシャーレス・テクノロジーを導入しないと、アマゾンの広報担当者は述べている。

今年は、アマゾンの新開店がかなり増えると思われる。キャッシャーレスか通常の店舗になるかは別にしても、アマゾンのリアル店舗拡大は確実に進むようである。