4月 24, 2021 スーパーマーケット 流通業 0

USA トゥデー紙が2021年のアメリカのベスト・スーパーマーケット10社を発表した。審査項目は、バリュー、品揃えとサービスで、先ず同紙の編集者と専門家のパネルが候補を選び、その後読者の人気投票で順位が決められた。

1位に選ばれたのは、ザ・フレッシュ・マーケットで現在22 州で159店舗を展開しており、特に生鮮食品で定評がある。2位以下10位までには、ハイビー、リドル、マーケット・バスケット、アルディ、ステュー・レオナルド、パブリックス、スプラウツ・ファーマーズ・マーケット、ウェグマンズ・フード・マーケッツ、トレーダー・ジョーズが入っている。

ステュー・レオナルド、パブリックス、ウェグマンズ、トレーダー・ジョーズはランキングによく登場するが、アルディやリドルも最近ロイヤルティの高い常連客を増やしている様である。