6月 3, 2021 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートUSは、店舗社員の仕事の生産性を上げ働きやすくする社員用のアプリ[email protected]を開発し、74万人以上の社員にスマホも支給すると発表した。顧客の素晴らしい経験は社員から始まり、それが競合他社との差別化となるため、アプリを開発しそれを最適に使えるサムスンのGalaxy XCover Proのスマホを74万人以上の社員に無料支給する。アプリは勤務中だけしか使えないが、他のスマホの機能は自分の時間にも使える。これまで行われてきた個人のスマホを使ったネットワークへのアクセスと同様に、個人情報は侵害しない様にデザインされている。スマホにプリインストールされているアプリの主な機能には、スケジュール、タイムカード、他の社員との会話、「Ask Sam」の情報検索などが含まれる。今後も仕事に役立つ新しい機能が加えられる計画で、例えばバックルームにある在庫商品を売場に出す時には、個々の箱のバーコードをスキャンする代わりに、棚の写真を撮ることで、拡張現実を使い必要な商品をピックすることができる様になる。この方法では、品出しの時間が手作業の1/3に削減できる。

最初のスクリーン
Ask Sam

チームメンバーとの会話

勤務スケジュール

チーム・メンバー

商品検索及び陳列場所

サムスンのスマホは$499.99の小売価格で、ケースとプロテクション・プランも付けられており、仕入れが1/3ほどとしても1億ドル以上の投資となる。社員の仕事の生産性が上がり顧客の経験が改善できれば、価値ある投資となるのだろう。