6月 9, 2021 オンライン・リーテイラー 流通業 経済 0

全米小売業協会(NRF)は、今年の小売売上高が昨年から10.5%から13.5%の増加となる4.44兆ドルから4.56兆ドルに達するとの予測を発表した。今年2月の予測では6.5%以上なっており、最近の景気回復を盛り込んだ予測の上方修正となる。うち無店舗とオンライン販売は18%から23%増加し、1.09兆ドルから1.13 兆ドルになると予測されている。上記の小売額には、乗用車、ガソリン、レストランの売上は含まれていない。2020年の小売売上高は4.02兆ドルで、うち9200億ドルは無店舗/オンラインで販売された。

また、GDPに関しては以前の予測である4.4%から5%の増加予測を、7%ほどの増加に上方修正している。この成長は1984年以来の高率となると、NRFのチーフ・エコノミストであるジャック・クラインヒンツは述べている。

景気回復の勢いが増している。航空機による移動が急増しており、夏休みの人の移動によってCOVID-19感染者の急増がなければ、回復はさらに進むと思われる。やはりワクチン接種拡大が功を奏している様である。