7月 15, 2021 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、本格的なバック・ツー・スクール・ショッピング・シーズンを前に、子供に人気の高い「ジャスティス:Justice」ブランドとコラボした商品を、今日から2400ヵ所のウォルマート店舗とオンラインで発売すると発表した。過去数年、既に1000以上のファッション・ブランドを加えており、プライベート・ブランドであるTime and TrueTerra & SkyWonder Nation and George.も刷新、専売ブランドであるELOQUII ElementsFree AssemblyScoopand Sofia Jeans by Sofia Vergaraを加えた。ナショナル・ブランドではReebok, Celebrity Pink, Champion and Kendall + Kylieなども加え、靴ではMadden Girl, Stride Rite, Munchkin by Stride Rite and PAWZ by Bearpawなどが揃えられている。今回のジャスティス・ブランドには、ファッション、宝飾、アクセサリー、ベッディング、バス、バックパック、文具、テク・アクセサリー商品が140アイテム以上含まれており、顧客が求めやすい様、$8のレギンスやグラフィック・Tシャツ、$20から$40のバスルーム・アクセサリーなどが揃えられている。

ジャスティスは、元ビクトリアズ・シークレットの親会社L.ブランズ傘下で、アシナ・リーテイルに2009年に売却され傘下チェーンとなり一時は800ヵ所以上のチェーンだったが、昨年パンデミックの影響などでアシナが倒産申請、それに関連してブルースター・アライアンスに売却され、オンライン・ブランドとして運営されている。9歳から12歳までのトウィーン(子供とティーンの間:Betweenから派生した造語)に人気のあったブランドである。ギャップとのコラボなど、最近ファッション・ブランドに注力しているウォルマートである。