9月 13, 2021 アパレル オンライン・リーテイラー スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ ディスカウント・ストア デパートメント・ストア ヘルス&ビューティー ホーム・インプルーブメント・センター 会員制倉庫型店 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 経済 0

マスタカード・スペンディグパルスディグパルスは、2021年のホリデー商戦となる11月と12月(クリスマス前)の、乗用車とガソリン販売を除いた小売売上高は、前年比で7.4%増加するとの予測を発表している。オンライン売上高は7.6%増加、店舗売上高は6.6%の増加となる。10月から始まるクリスマスまでの75日間では6.8%増加、電子コマースは7.5%増加すると予測されている。小売業界のサプライ・チェーン問題と人手不足によって、多くの小売業は早めにオムニチャネルによる販促を行うと予測され、特に家電、アパレル、百貨店では顕著になると見られる。オンライン購入、店舗ピックアップのコンタクトレスのショッピングの利用も続くと予測される。貯蓄額の増加や国の援助などで消費意欲は上がっており、過去6ヶ月の成長はホリデー商戦まで続くと予測される。ビジネス・ワイア

この予測は、ロックダウン解除後消費が急増した昨年の増加率8.3%には及ばないが、過去5年の平均成長率である3.5%は上回っている。ただ、物価指数も7月の時点で前年度比で4.2%上昇しているため、実質の購買量増加は3.4%となるが、小売業界にとっては十分な成長となる様である。