10月 4, 2021 オンライン・リーテイラー 流通業 0

Amazonは、早々とブラック・フライデーと同等のディールを提供すると発表した。今年初めての試みで、Amazonのホリデー商戦が正式に始まった事となり、顧客に節約と割引を、ファッションホームビューティー玩具家電Amazon機器その他で提供し奉仕する。また、数千のスモール・ビジネスのユニークな商品も揃える。

また、プライム会員に対して、Amazonのモバイル・ショッピング・アプリに、新しく贈り先の電子メールか携帯番号だけでギフトを送れる便利な機能を加えた。使い方は簡単で、贈る商品を選び、ギフト・レシート追加を選択をすると、住所を入力するところに「受取人が住所を指定」の選択肢が現れ、電子メール又は携帯番号を入力する事ができる。贈り先には、電子メールかテキストによって、プレゼントが贈られた事が知らされ、配達先を入力する。

これまで個人の住所を知らない人達には、電子ギフト・カードを贈っていたが、今後商品を選ぶ事が可能になる。

ターゲットに続きAmazonのホリデー・ディール発表となり、今年のホリデー商戦は例年よりかなり早くなりそうである。ウォルマートも、昨年は11月の最初の土曜日(7日)から3回に渡りブラック・フライデー・セールを行っており、今年はさらに早くなると思われる。