10月 5, 2021 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットは、年末にかけてホリデー商戦で週末など繁忙日に働く店舗、サービス・センター、サプライーチェーンの時給社員に対して、時間あたり$2の特別手当を支払って彼らの奉仕に報いると発表した。この特別給は、11月20日から12月24日の間の土曜日と日曜日、及び12月24日(金曜日)、12月26日(日曜日)に勤務する社員に支給される。同社は、年末商戦にあたり、既存社員の勤務時間を全体で500万時間増やし、7500万ドル余分に稼げるように考慮している。加えて店舗の季節雇用は10万人、サプライ・チェーンでも3万人を雇用する予定である。これらの社員には、$15の最低時給、学費補助なども提供される。

ターゲットのアソシエート、テイラーさん

来週には、早々と今年初めての年末セール・イベントを行い、ホリデー商戦にかける意気込みが強く感じられるターゲットである。